糖尿病食事 ,ランキング

糖尿病の宅配食が安い人気ランキング

HOME

糖尿病0005

健康診断などで糖尿病予備軍と注意を受けた経験のある方たちのなかで、「まだ予備軍だから、今までどおりの食生活で大丈夫、運動をしたりする必要はない」と思っている人がいるかもしれません。糖尿病予備群の段階ではなんの症状もないので、意識して生活の改善を図ることはめずらしいことです。糖尿病の予備軍から境界型になってくると、だんだんと自覚症状も出てきます。上昇した血糖値を下げるために欠かせないホルモン、インスリンの分泌量の変化は、糖尿病にとって最も顕れやすい症状です。「緩やかな糖質制限食」は、1食につき摂取する糖質が40gまでとされています。一日3食のバランスを考えながら、ご飯の量を減らすことが重要です。若い人にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。当然「カツ丼とざるそばセット」なども良くありません。すなわち、糖質ばかりの食事はよくないということです。糖質制限を意識して「バランスのとれた外食とご飯の摂り方に注意しましょう」と、すすめています。「緩やかな糖質制限食」では、厳密なカロリー制限をせずに、野菜、お魚・お肉はたくさん食べましょう。食事について、一日3度の摂取量は同量程度が望ましいのですが、夕食の分量に多く偏ってしまいます。食事は、忙しくても20分かけてゆっくり食べることです。そうした方が、血糖値の上昇を抑制できたり、満腹感が増し食べ過ぎを防止できるからです。多忙な仕事の合間に、5分で食事をすませるようなことは控えましょう。血糖値を下げるには食物繊維が望ましいので、海藻類やきのこ類はたくさん摂取してください。糖質が多く含まれるポテトやコーンを摂取する場合は要注意です。人は加齢とともにインスリンの働きが低下するため筋肉への糖の吸収が減っていきます。そのため、血糖値が上昇しやすくなります。特に食後は、ブドウ糖がいっぺんに体の中に吸収されるため血糖値が上昇します。血糖値が上昇するのを防ぐ方法として「ベジタブルファースト」があります。食事のとき、先に野菜から食べる食事法です。食物繊維を多く含んだゴボウやキャベツなどの野菜は、他の食べ物の消化吸収を緩やかにする作用をもたらします。ご飯や麺類といった炭水化物に含まれる糖質の吸収もゆっくりとなるため、ブドウ糖が体内に吸収されるのを緩和します。1日の総摂取エネルギーに関して1600kcalがふさわしいとされているひとについては、1日20単位の食品と交換できますが、栄養素のバランスを考えることが重要になってきます。「食品交換表」には、代表的な外食メニューも載っています。目で見てカロリーなどがわかるようになりましょう。また、薬物療法を受けている患者さんの場合は、食べるタイミングを間違えると低血糖になることがあるので注意が必要です。献立をマンネリ化させない工夫をしたり、外食の仕方をうまく取り入れながら、食事療法を上手に活用してください。糖尿病とは、血糖値を下げるインスリンというホルモンの機能が悪化し、継続的に血糖値が高いままの病気です。糖尿病の治療には多くの時間が必要ですが、その目的は血糖・体重・血圧・血清脂質の良好なコントロール状態を維持することで、例えば、網膜症・腎症・神経障害などの合併症、心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽などの動脈硬化症を予防し、健康的な心とからだを保ち、満たされた人生を送れるように努めることです。治療のための食事療法を正しく実行すれば、糖尿病の合併症や動脈硬化症への移行を予防することにもなります。糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病といった種類があります。そのうち、日々の食生活や生活習慣の影響は大きく患者数の最も多いのが、「2型糖尿病」です。当初はほとんど自覚症状がなく、たいてい血糖値の高さにも気づきませんが、その状態が継続、悪化してしまうと多くの合併症を引き寄せてしまいます。適切でない食習慣は2型糖尿病の原因にもなりかねないので、治療には食生活の見直しと改善が必要です。体重や血糖の調整に努め糖尿病性の合併症を防ぐこと、併せて悪化へ導かないことも食事療法の目的です。いろいろな栄養素を適量とるのが、糖尿病の方にとっては理想的な食事です。個々に応じたエネルギー量の範囲内で、調和のとれた食事をとるためにヒントとなるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。その食品交換表で私たちが日々摂取している食品を見てみると、それぞれに多く含まれている栄養素をもとにして、6つの食品グループ(6つの表)と調味料に分けて、食品の重量を1単位80kcalとして掲載しています。そうした食品交換表を参考にすることで、献立づくりの悩み解消にもなります。2型糖尿病や肥満の原因のひとつとして体内時計の乱れがあります。糖代謝や血圧・脂質代謝・睡眠や体温など、全ての生理機能には日内リズムがあって、「体内時計」と密接に関わっています。毎日の生活習慣は、「体内時計」に多大な影響を及ぼします。「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」のことです。栄養学の基本である「何をどのくらい食べるか」に併せ、「食べるタイミング」といった体内時計の特質を付け足し、食事のリズムと機能性がもたらす作用について新しく研究する分野です。例えば糖尿病になったら、食べられる食事が限られてしまうと考える患者さんがほとんどかもしれません。だかといって、糖尿病の患者さんにとって、食べられない食品はほとんどありません。「食事療法」といっても特別なメニューがあるわけではなく、個人に必要な総摂取エネルギーの範囲内で食べ物の栄養バランスを考えることが大切になります。こうした食事療法の目的は、糖尿病の患者さんだけが実践するものではなく、一般の健康な方たちにとっても必要なことなのです。

メニュー

クマ

メニュー


Copyright (c) 2014 糖尿病の宅配食が安い人気ランキング All rights reserved.