糖尿病の宅配食が安い人気ランキング

糖尿病の宅配食が安い人気ランキング
糖尿病宅配食に関係する最新情報を見つけたいなら、糖尿病宅配食についてまとめているこのウェブサイトを覗いてみてください。まだ知られていない糖尿病宅配食の情報を、どんなウェブページよりも詳細に把握することが可能です。
  • HOME >
  • 『糖尿病食事療法のための食品交換表』は重要!

『糖尿病食事療法のための食品交換表』は重要!

さまざまな種類の栄養素を適切な量摂ることが、糖尿病の方にとっては理想的な食事です。

それぞれに似つかわしいエネルギー量を超えることなく、調和のとれた食事摂取において「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、非常に役に立ちます。
その食品交換表で私たちが日々摂取している食品を見てみると、それぞれに多くふくまれている栄養素を持とにして、調味料と6つの食品グループと表に分類して、1単位80kcalに合わせた食品の重量が掲載してあります。

食品交換表を持とに普段の食事を意識すると、料理の種類も豊富になります。食べる量は、できれば3食同じぐらいに食べるのがよいのですが、夕食の分量に多く偏ってしまいます。

食事は、忙しくても20分かけてゆっくり食べることです。時間をかけることで、血糖値の上昇を防いだり、満腹中枢が刺激され食欲が満たされるからです。


幾ら仕事が忙しくても、短時間での食事摂取は回避しましょう。
食物繊維(たくさん含まれた食べ物をとることで、便秘の改善に繋がります)は血糖値を下げる効果がありますので、それらを含んだ海藻類・きのこ類はたくさん摂ってちょうだい。


ポテトやコーンには多くの糖質がふくまれているので気を配ってちょうだい。体内時計の乱れには2型糖尿病や肥満を伴う危険性が潜んでいます。わたしたちの体内で日常的に行なわれている糖代謝・脂質代謝、あるいは睡眠・体温・血圧など、ほとんどの生理機能には日内リズムがあり、「体内時計」と密接に関わっています。


毎日の生活習慣は、「体内時計」に多大な影響を及ぼします。



「時間栄養学」は「体内時計を考えた栄養学」を表したものです。


「何をどのくらい食べるか」といった栄養学に伴い、体内時計の観点から「食べるタイミング」を加え、食事のリズムと効果の関わりについて研究する新しい分野です。
腎臓病の一つである糖尿病は、血糖値を正常に保つインスリンとよばれるホルモンの機能が悪化し、継続的に血糖値が高いままの病気です。

糖尿病の治療の目標は、生涯にわたって血糖・体重・血圧・血清脂質の良好な調節状態を維持することで、糖尿病合併症(網膜症・腎症・神経障害)や動脈硬化症(心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽)を予防し、日常の生活に支障をきたさないよう人生をたのしみながら送れるようにすることです。


適切な指導による食事療法などは治療の一環として、糖尿病合併症や動脈硬化症の発症・進行を防ぐことが可能となります。「緩やかな糖質制限食」は、糖質摂取量の目安が1食あたり40gまでです。

毎日3食バランスよく食べて、ご飯を少なく摂ることが大事です。糖質ばかりの「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。同じように「カツ丼とざるそばセット」なども避けた方がよいでしょう。



つまり、糖質ばかりのものを食べるのはよくないということです。糖質制限の例として種類の多い幕の内弁当と白ごはんを少なく摂ることを、提案しています。

「緩やかな糖質制限食」では、厳密なカロリー制限をせずに、野菜・お魚・お肉といった食材もどんどん摂りましょう。
人は加齢と共に筋肉でのインスリンによる糖取り込みが減少します。そのため、血糖値が上昇しやすくなります。食後は特別、ブドウ糖が体内へとすぐに吸収されるため血糖値が上昇します。「ベジタブルファースト」は血糖値上昇の予防につながります。
食事のとき、先に野菜から食べる食事法です。

食物繊維(たくさん含まれた食べ物をとることで、便秘の改善に繋がります)が多量にふくまれたゴボウやキャベツなどの野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。併せて、白ごはんや麺類などの炭水化物(不足すると疲れやすくなり、肌荒れなどが起こるでしょう)にふくまれる糖質をゆっくり吸収するので、体内にブドウ糖が吸収されるのを和らげます。

患者数が年々増加の傾向にある糖尿病の予備軍には、「まだ予備軍だから、今までどおりの食生活で大丈夫、スポーツも中々できる時間がない」と思っている人も多いでしょう。
自覚症状のない病気の場合は、考えを改めることは中々できません。



ですが、糖尿病の中でも境界型という段階になると、検査の結果にも色々な変化が顕れ始めます。

特に、血糖値を下げる際に重要な役割をするホルモン、インスリンの数値に変化が及ぶ状態は、糖尿病にとって最も顕れやすい症状です。
糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病といった種類があります。


その中でも、食生活や生活習慣と関わりが深く「2型糖尿病」はその代表として、最も多くの患者数です。


自覚症状が出ないため血糖値の高さにも気づかないことが多いですが、何かと病状悪化の原因となり多くの合併症を引き寄せてしまいます。
間違った食習慣は2型糖尿病を引き起こす大きな原因になるので、食生活を見直さなければ治療へと進めません。糖尿病性の合併症につながらないよう体重や血糖を適正に保つ、さらに悪化の抑制を目的とするのが食事療法です。医師から指示されている1日の総摂取エネルギーが1600kcalの場合、1日における食品との交換は20単位となりますが、バランスのよい栄養素を摂取することが大事になってきます。
いわゆる「食品交換表」には、外食メニューの代表的なものも掲載されています。カロリーや栄養素を参考にしておくとよいでしょう。一方、薬物療法を受けている患者さんの場合、食べるタイミングを間ちがえると状況によっては低血糖になる惧れがあるので注意が必要です。季節の変化を取り入れた献立つくりや、上手な外食の仕方をおぼえて、食事療法を豊かにしてちょうだい。
たとえば糖尿病になったら、食べられる食事が限られてしまうと考える患者さんが多いと思います。

しかし、糖尿病を患ったからといって、食べられないものは何もありません。
「食事療法」用に用意された献立があるのではなく、食べ物にふくまれるさまざまな栄養素のバランスと個々に合った総摂取エネルギーを工夫しながら実践することが目的です。こうした食事療法の目的は、糖尿病患者さんだから守らないといけないものではなく、一般の健康な方たちにとっても必要なことなのです。

関連記事はコチラ

メニュー